『子育て生活苦しい』家計が苦しいのが我が家だけのような気がしてなりません。





家計が苦しいのが我が家だけのような気がしてなりません。

みなさんやみなさんの周りに、あのお宅大変そうだな、と思われる生活をしている方いらっしゃいますか?

わたしの周りのママさんたちは、専業なのに子供が二人当然のようにいて、その子たちには流行りの服を着せて、複数の習い事をさせています。そのうえ、家族で外食やレジャーに行っていたり、ママ友同士でランチしたり、と生活に余裕のある人ばかりで、苦労を匂わせてる人が全くいないんです。

子育て世代って、どこもそれなりにお金の苦労はあるはずだと思っていたのですが‥。

みんなどうしてそんなに余裕があるんでしょうか。ご両親の援助や、副収入でもあるんでしょうか。メディアではよく家計が苦しい、生活が苦しいっていいますがあれは一部の人たちだけなんでしょうか?自分が惨めに感じます。

みなさんの本音を教えてください。よろしくお願いします。

回答1

あなたが、そういうお金にも時間にも余裕のあるコミュニティの中に入っているだけなのでは?本当に生活が苦しかったら、働きに出ていて家にいる余裕はないので、そういう世界の人たちと接点がもてないと思います。

私自身は、周りの中でもダントツでケチな自信がありますね!笑

もう小学生なのでユニバやディズニーに連れて行ってたりするのが普通なんでしょうが、うちはどこにも連れて行っていません。もともと人混みは嫌いだし、お金使って疲れるだけなのが嫌なんです。オシャレに関しても興味がなくなったし、独身時代からの服を何年も着ていて毛玉だらけだし、靴も擦り切れています。

ただ家計は黒字で、将来奨学金をかけずに大学にいけるくらいに貯めたいと思っています。

かといって、節約が尊いからみんなもしろとも思っていませんし、別に、レジャーも外食も、お金をどこに使うかなんて好きににやればいいと思っています。

自分でも特に、周りにケチアピールもしてないから気づかれてないんじゃないかな?

おそらく、ほとんどの人が生活の苦労は出さないのが当たり前じゃないでしょうか?そんなのアピールしてどうするの?同情されたいの?って変な空気になると思いますよー。

回答2

子育て卒業したものです。子供が巣立つまではかなり生活は苦しかったですが、なるだけ周囲に見せないようにしていました。

高価な外食や、ブランド物の子供服や、授業料の高い習い事なんてさせていませんが、

それなりの食生活と、みすぼらしくない服と、基本的な習い事だけはさせていました。

保護者同士で集まった時は、子供の習い事の話や家族でのレジャーや外食の話になりますが、その話している人の服や髪、肌の質が生活を表しているなぁ〜、みんな苦労しながら頑張ってるなぁ、としみじみ思ったものです。

みんな苦労はしてるけど、楽しく暮らしてるように装ってるものだと思いますよ。

お金がないのはどこの家庭も一緒だと思いますよ。

本当に周りが気遣うほどの貧困家庭って、クラスに一人いるかいないかだと思います。

回答3

ただ単に、お金遣いが荒いっていうか、金銭感覚が違うだけなのかも?

私の知り合いAは、家計は毎月赤字なのに子供に習い事を複数させ、3人目を妊娠中ですし、知り合いBは、頭金なしでマンションのローンを組んで、さらに家具も全部新調したら家具のローンも組んで‥っていう人たちがいます。

うちの夫婦ならどっちかが止める入る状況ですが、当人たちは幸せそうです。

もしくは、正真正銘、お金に余裕があるのかも。

お金を持ってる親から援助を受けてる家庭もいっぱいあると思います。

習い事だけで毎月ウン10万かけている家、小学校から私立に通わせている家、などは本当に余裕がある家だと思います。いまの世の中は世帯収入の格差が激しいですから、そういう家庭があっても不思議ではないですよね。

残念ながら、うちはそこまで余裕ありません。カツカツでもないけど。

回答4

みんなそれぞれ、工夫して家計をまわしていると思いますよ?

今の時代、専業でも家にいながらネットからでもスマホからでも稼ぐことはできますし、

外食だって覆面モニター調査とか、仕事と実益を兼ねてるのかもしれないし。

貯めたポイントで外食やマッサージを受けることだって可能です。

アンケートや応募で当選すれば、高級食材が手に入ったりテーマパークにだっていけます。

子供の習い事も、会社の福利厚生とかで割引で安く受けられる場合もあるんですよ。

みんな、それをいちいち人様に言わないようにしてるだけです。

大切なのは、周りに合わせて下手に見栄をはるより、自分の判断基準をしっかりもっていることでは?

私は、家族が仲良く健康に暮らしていければ、それだけで充分いい環境だと思っています。

いま自分が惨めに感じるなら、いろんな場面においての節約術はネットに溢れているんで、それを参考にされればいまより豊かな生活が送れるようになると思います。くれぐれも、甘い話に飛びついて騙されないように気をつけて下さいね〜!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加